塗る育毛剤のメリット

頭皮にダイレクトに作用する

育毛剤には飲むタイプもありますが、一般的には塗るタイプを指しています。頭皮の美容液とも言える存在で、頭皮に活力を与えることで育毛を促進します。ほとんどは医薬部外品に分類されますが、一部商品にはさらに効果の高い医薬品があります。塗る育毛剤のメリットは頭皮に栄養を与えること、血管を拡張して血流を促進すること、頭皮環境を健全にすることなどです。育毛シャンプーがあれば育毛剤は不要と考える方が多いですが、両者の役割は同じではありません。シャンプーはあくまで頭皮の汚れを落とすのが目的であり、頭皮に活力を与えるためには適していないのです。シャンプーは十分に洗い流す必要があり、そのときに泡と一緒に各種成分も落ちてしまうためです。塗る育毛剤なら頭皮に対してダイレクトに有効成分を届けることができます。

薄毛の原因に働きかけて髪を育てる

薄毛の原因は一つではなく、複合的に原因が絡み合っているケースが少なくありません。女性の場合はヘアサイクルを正常化させるだけで発毛することが多いので、それほど強力な育毛剤は必要ないです。男性の場合は薄毛を促進する男性ホルモンの分泌量が多いため、女性よりもずっと薄毛になるリスクが高いです。これは男性用の育毛剤に医薬品が多い理由でもあり、有効成分の配合量も多くなっています。塗る育毛剤は男女別の薄毛要因に働きかけて、抜け毛を減らすために効果的です。抜け毛が減れば生えてくる髪とのバランスが健全になり、髪の減少を予防できるでしょう。塗る育毛剤は3~6ヶ月程度の使用をすれば、髪質を強くすることができます。洗髪後の抜け毛をチェックしたとき、以前より弱々しい髪が減ったと感じたら育毛剤の効果が出ている証拠です。